2016年12月31日

慾張り羊のシャグラン

演劇には「推進力」が必要で、
それを生み出せる役者はすごく貴重だ。
コイツらがいると稽古場が活気でみなぎる。
たかひろだったり、にいやんだったり。
そうすると周りもギアが噛みあって、
活き活きと動き出す。
そういう人たちが結集して
生み出されたエネルギーを浴びた作品は
さらに前に進んでいく。
作り物の範疇を越えて、生き物として。
そういうことを稽古で最近感じている。
それが楽しい。
それを見てもらいたい。
それがライブの醍醐味に繋がっているのだから。

脚本は面白いものを書いているという自負はある。
誰がやっても及第点を取らせる自信はある。
実際そうやって演劇祭で優勝してきた。
でも、
やっぱり面白く見せるための技術だけでは
役者由来の能動性にかなわない。
つまりこれまでマーベリックは
役者を「こうやったら面白い」のパターンに当てはめ、
そのいくつかのバリエーションによって
お客さんの「面白い!」を引き出してきた。

今年は1月の「戻る男」から始まり、
久々の本公演「逆襲のFOOD CHAIN!」で締め、
これまでのマーベリックより一歩前に進めたと思う。
いろんなことに感謝しなければならない。
2月の「悪魔に願いを」を経て、
野田あゆ美も参加して、
劇団としての流れもよくなった。

一月の公演「慾張り羊のシャグラン」は面白い。
まあ演劇祭で優勝してるやつを出してるんだから
それは面白くないと困るし、そういうことを
自分で言うのもなんなんだけど、
終わってから「すごく面白かったね」と言われて
ああ、もっと宣伝しとけばよかった、
もっと見てもらえばよかったと思うくらいなら、
最初から言わないといけない。
これは性に合わないけど。必要なことだ。
作ってる時は必死で、
もちろん自己満足に溺れないように
バランスをとっているつもりだけど、
見てもらうためには終わって結果を確認してから
「面白いですよ」って言うのじゃ遅いんだから。

劇団Please Mr.Maverickは面白い!!!!

短編って言っても、
長編のある部分を切り取ったような話じゃなくて、
きちんとすべての話に起承転結がある。
課題はある。
オムニバスはバラバラになりやすいから、
ひとつの作品としての方向性を整える必要があるし
個々の役者についても、改善すべきところは多い。

でも、まあ何を差し引いても、
いい役者が集まってくれているから、もうすでに
一定レベル以上に面白いことは確定しているのだけど、
どうせなら、その中でも最高に面白いのがいいに決まってる。
参加してくれる役者にとっても
経験してよかった公演にしたいし、
行けるところまで行こうぜ!

ただ面白い、だけじゃだめだ。
圧倒的に面白い!じゃなきゃ。
もっと見たい!
もう一回見たい!
そういう中毒性を生み出すところまで行かないと。

役者を取り巻く環境はいつも厳しい。
頭一つ抜けて、選ばれ、生き残るための戦い。
どんな公演でも勝負だ。
作家も演出家も役者も劇団も。

omote0102ss.jpg

ひつじ座30分劇場決勝リーグ優勝ご褒美提携公演
「慾張り羊のシャグラン」

辺境の地にひっそりと立つ小さな研究所。
そこにはおそるべき科学力を持つ異端の博士が住んでいた。
これは本来、決して世に出ることのないDr.氷浦鏡四郎の
記録を抜き出した秘密の物語である。
見よ、幸せになりたい人間たちが科学の魔法にすがりつく様を!
過去に戻りたがる者、痩身を望むもの、あるものは復讐を実現し、
又ある者は正義の味方となった。
欲望の果てに彷徨える子羊たちは何を見るのか…!
劇団Please Mr.Maverickが送る、優勝作品+未公開+新作短編集!

【チケット】
全席自由
前売り2,800円/当日3,300円
白黒セット割5,000円
チケット申し込み、お問い合わせは
hitsuji@maverick.main.jp

【劇場】
ひつじ座(東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビルB1F)
東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩5分
JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩12分

--------【白ひつじチーム作品】---------

●「パニッシュメント!」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
全国大会常連高校の監督は実は体罰教師だった。
とうとう我慢の限界を迎えた生徒たちは、
氷浦博士に助けを求めるが…。
●「この、豚女」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
運動は嫌だが痩せたい女、美南子。
遺伝子の研究をしているという氷浦の噂を聞きつけ、
科学力で痩せさせろと迫る…!
●「これから正義の話をしようゼ!」
2011年ルナティック演劇祭優勝。
2013年ひつじ座30分劇場予選1位勝ち抜け。
化学戦隊ジャスティスファイブは正義の味方。
ついに悪の組織の大幹部「カスミのジョー」を追い詰めた!
だが、ジョーが命を狙う弁天堂の社長は、
裏取引で金儲けを企む悪人だと聞かされ…?
●「恩寵のエクスピアシオン」
2012年SS-1グランプリ優勝。
カシームは優秀な神学生。西側の横暴なやり方に反発する
学生の一団はモスクを占拠し、立てこもった。
そこで一人の少女、みこがトイレに行きたいとゴネはじめる…。

--------【黒ひつじチーム作品】---------

●「理系女プリンセス」
未公開作品。
小日向春美は女性研究者。ついに長年の研究が実を結び、
が発表され、あっという間にスーパースターに!
ところが一転、コピペ疑惑からどん底に突き落とされる…。
●「悪魔に願いを」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
会社員の秀樹はある日突然リストラ宣告!
自殺を決意した秀樹は楽に死ねないものかと
研究所を訪ねるが、そこで悪魔と出会う事に。
●「戻る男」
2011年ルナティック演劇祭優勝。
2016年ひつじ座30分劇場決勝リーグ1位優勝。
虎太郎は売れない小劇場の役者。タイムマシンを作る
クラウドファンディングに申し込むと、
怪しい占い師が訪ねてきた!
●「覇者のエルプシャフト」
今回、初上演。
戦士ショウと白魔道士アスカはついに魔王が住む
最後の城にたどり着いた。果たして2人は、
世界の平和を取り戻すことはできるのか。
そこで見た、魔王の正体とは…!

【キャスト】
新原武(劇団扉座)
丹羽隆博
工藤沙緒梨(カプセル兵団)
中山泰香(カプセル兵団)
星澤美緒
長野耕士
小松金太郎
藤本貴行
小山内詩音
渡辺咲季(テアトルアカデミー)
小菅達也(劇団命)
照久
染川太一
草野智博
植松宗祐
野田あゆ美(劇団Please Mr.Maverick)
歳岡孝士(劇団Please Mr.Maverick)

【スタッフ】
舞台監督:早坂富雄
照明:阿久津未歩(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博

【協力】
劇団扉座 / カプセル兵団
テアトルアカデミー / 劇団命
阿部将之 / LICHT-ER
斉藤優紀 / みんぐるす
ひつじ座

携帯からの予約はこちらをクリック!




※セット割をご希望の方でこりっちからご予約される場合、
二つご予約いただいてから、備考に「○日○時とセット」とご記入下さい。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします!

posted by ちゃぼ at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

明日「慾張り羊のシャグラン」チケット発売になります。

11月が終わりますね。明日は12月です。
そして、1月公演のチケット発売になります!

劇団Please Mr.Maverickのこれまでの演劇祭優勝作品と
未公開+新作の短編集です。お祭りみたいなものです!
出演者もたくさん!
ほんとは一緒にやりたい人たちはもっとたくさんいるんだけど
作品によって、合う合わないがあったり、
タイミングが合わなかったりで、
そういう方々ともまた一緒にやれたらなと思っております。
とりあえず現段階で、とてもいい役者が集まりました。
なにとぞ、1月公演「慾張り羊のシャグラン」をよろしくお願いいたします。
チケットの販売は明日の正午です!

omote0102ss.jpg

ひつじ座30分劇場決勝リーグ優勝ご褒美提携公演
「慾張り羊のシャグラン」

辺境の地にひっそりと立つ小さな研究所。
そこにはおそるべき科学力を持つ異端の博士が住んでいた。
これは本来、決して世に出ることのないDr.氷浦鏡四郎の
記録を抜き出した秘密の物語である。
見よ、幸せになりたい人間たちが科学の魔法にすがりつく様を!
過去に戻りたがる者、痩身を望むもの、あるものは復讐を実現し、
又ある者は正義の味方となった。
欲望の果てに彷徨える子羊たちは何を見るのか…!
劇団Please Mr.Maverickが送る、優勝作品+未公開+新作短編集!

【チケット】
全席自由
前売り2,800円/当日3,300円
白黒セット割5,000円
チケット申し込み、お問い合わせは
hitsuji@maverick.main.jp

【劇場】
ひつじ座(東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビルB1F)
東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩5分
JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩12分

--------【白ひつじチーム作品】---------

●「パニッシュメント!」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
全国大会常連高校の監督は実は体罰教師だった。
とうとう我慢の限界を迎えた生徒たちは、
氷浦博士に助けを求めるが…。
●「この、豚女」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
運動は嫌だが痩せたい女、美南子。
遺伝子の研究をしているという氷浦の噂を聞きつけ、
科学力で痩せさせろと迫る…!
●「これから正義の話をしようゼ!」
2011年ルナティック演劇祭優勝。
2013年ひつじ座30分劇場予選1位勝ち抜け。
化学戦隊ジャスティスファイブは正義の味方。
ついに悪の組織の大幹部「カスミのジョー」を追い詰めた!
だが、ジョーが命を狙う弁天堂の社長は、
裏取引で金儲けを企む悪人だと聞かされ…?
●「恩寵のエクスピアシオン」
2012年SS-1グランプリ優勝。
カシームは優秀な神学生。西側の横暴なやり方に反発する
学生の一団はモスクを占拠し、立てこもった。
そこで一人の少女、みこがトイレに行きたいとゴネはじめる…。

--------【黒ひつじチーム作品】---------

●「理系女プリンセス」
未公開作品。
小日向春美は女性研究者。ついに長年の研究が実を結び、
が発表され、あっという間にスーパースターに!
ところが一転、コピペ疑惑からどん底に突き落とされる…。
●「悪魔に願いを」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
会社員の秀樹はある日突然リストラ宣告!
自殺を決意した秀樹は楽に死ねないものかと
研究所を訪ねるが、そこで悪魔と出会う事に。
●「戻る男」
2011年ルナティック演劇祭優勝。
2016年ひつじ座30分劇場決勝リーグ1位優勝。
虎太郎は売れない小劇場の役者。タイムマシンを作る
クラウドファンディングに申し込むと、
怪しい占い師が訪ねてきた!
●「覇者のエルプシャフト」
今回、初上演。
戦士ショウと白魔道士アスカはついに魔王が住む
最後の城にたどり着いた。果たして2人は、
世界の平和を取り戻すことはできるのか。
そこで見た、魔王の正体とは…!

【キャスト】
新原武(劇団扉座)
丹羽隆博
工藤沙緒梨(カプセル兵団)
中山泰香(カプセル兵団)
星澤美緒
長野耕士
小松金太郎
藤本貴行
小山内詩音
渡辺咲季(テアトルアカデミー)
小菅達也(劇団命)
照久
染川太一
草野智博
植松宗祐
野田あゆ美(劇団Please Mr.Maverick)
歳岡孝士(劇団Please Mr.Maverick)

【スタッフ】
舞台監督:早坂富雄
照明:阿久津未歩(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博

【協力】
劇団扉座 / カプセル兵団
テアトルアカデミー / 劇団命
阿部将之 / LICHT-ER
斉藤優紀 / みんぐるす

携帯からの予約はこちらをクリック!




※セット割をご希望の方でこりっちからご予約される場合、
二つご予約いただいてから、備考に「○日○時とセット」とご記入下さい。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします!
posted by ちゃぼ at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ディファイルド、全日程終了しました

DSC_2346.JPG

ご来場いただいた皆様、
本当にありがとうございました!
ディファイルド、全日程、無事終了いたしました。

くそいそがしいスケジュールの中、
あの膨大なセリフ量を憶えて、
2回しかやらないという暴挙(笑)

でも、信頼できる先輩方と演技合戦ができて
稽古の時から本当に楽しかったです。
翻訳された小田島さんとも打ち上げでお話ができて、
とても気さくで素敵な方で、すごく楽しかった。
作家のカルチェイムさんとの裏話などを聞く事ができて
それも興味深かったし、
米国で上演されたときのハリー役の写真を見せて下さって、
それがとてもインパクトがあったりして。

DSC_2371.JPG

歳岡の出番を、
2回とも見て下さった方もいらっしゃって、
木曜日と日曜日の演技が違って
良かったと言ってくださった方や、
ハードル上げてみてましたけど軽く超えましたって
言って下さった方も。本当に、報われる思いです。
結果がすべてだと思って演じているので、
それを評価されるのは
役者にとってとてもありがたい事だと思います。
しかもこのような純粋に演技力が
試される脚本においては特にそうです。

DSC_2394.JPG

なかなか、自分の劇団で脚本演出を担当していると
自分のことは後回しになるので、
納得のいくところまで演技を詰めたりできず
本番前も、公演関連のいろいろがあって、
ここまで役に集中することはできないので
久しぶりに、純粋に役者として評価される役、
そしてその機会に恵まれたことを嬉しく思います。

今回ディファイルドに関わったすべてに
感謝をさせていただきたい!
この公演は歳岡にとっても
ひとつの財産になったと思います。

皆さま、本当にありがとうございました!

posted by ちゃぼ at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

ディファイルド、本日幕引き、千穐楽。

舞台に立つのはこわい。
知らない人生を生きるのがこわいのと同じように。
でも同等に楽しみでもある。
特に、今回は脚本も上質、
相手も上質の二人芝居。

稽古は苦しくて好きじゃないけど、
優れた俳優さんが相手だと、
演技が楽しいことに気づく。
的確なパス。とても返しやすく
こちらからの変化球も捉えてくれて、
その応酬がとても楽しい。
今日は元テアトルエコーの山崎晋さんです。
小林さんも認める、素晴らしい俳優さんです。
小林さんとは違った球種のラリーになります。
面白くなるはずだ。
あとは自分を信じるだけ。
今日は12時30分から。
ディファイルド、僕の最後の出番です。
今日もハードルを越えていく。

皆様のご来場、心より、お待ちしております!

劇場までの道案内はこちら(ブログ内リンク)

「ディファイルド―毛の短い犬の便宜性―」

■歳岡の出演する回も残すは日曜日のみとなりました!
 11月27日(日)12:30から(※山崎晋さんバージョン)
○作:リー・カルチェイム 
○訳:小田島恒志
○劇場:ART THEATER かもめ座
 (東京都杉並区阿佐谷南3-5-2 牧野ビルB1)
  東京メトロ 丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」徒歩5分
  JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩10分
○チケット:前売り2500円 当日3000円
○連絡先:info@maverick.main.jp
(お名前と日にちと枚数を書いて、メールしてください!)


posted by ちゃぼ at 08:37| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

東京は54年ぶりの初雪。かもめ座までの道案内。

DSC_236ss4.JPG

尊敬する小林尚臣さんとの舞台。
大ベテランです。
役者として、
長年、キリキリ磨き続けた人生を
観られるということの価値。
今回、ぜひとお願いして出演させていただきました。
僕は小林さんと舞台に立つことが出来て、
本当にうれしく思っています。
シアターΧで初めて共演させていただいてから13年。
あの時、とても敵わないと思った小林さんと
少しでも渡り合える役者になっているか、
今日、結果が出ます。
お客様だけでなく、僕も楽しみにしています。
素晴らしい公演にしたいと思っております。

そして、劇場までの道案内です。

まず、電車の路線なんですが、
「阿佐ヶ谷駅」(JR)ではなく、
「南阿佐ヶ谷駅」(東京メトロ丸ノ内線)がダントツに近いです。

【かもめ座の所在地】(ヤフー!地図)
http://yahoo.jp/ecQiIU

〜丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」からの行き方〜

00111.png

所要時間は徒歩約5分です。
南阿佐ヶ谷駅1番出口を出ると、目の前は青梅街道です。
青梅街道を左方向に進むのですが、まずは
道路の向かい側に「みずほ銀行」があるので、
信号を渡ってみずほ銀行側に移動してください。
そこから真っ直ぐ青梅街道沿い(ガストの方向)に
3〜4分、歩いていくと消防署があります。
消防署の3つとなりの建物が【かもめ座】です!
カクヤス(酒店)まで行くと、少し行き過ぎです。
ちなみにここの「三岳」(芋焼酎)はお買い得です。

〜JR線「阿佐ヶ谷駅」からの行き方〜

6666].png

所要時間は約10分です。
阿佐ヶ谷駅の南口を出ていただいて、
そのまま目の前にある中杉通りの右側を真っ直ぐ、
青梅街道に突き当たるまで約5〜6分程度、歩いていきます。
青梅街道に突き当たりましたら、
右側にみずほ銀行がある角を右に曲がって、
まっすぐ進みます。
消防署があるところまで歩いたら、
その3軒先の建物が【かもめ座】です!
カクヤス(酒店)までいくと少し行き過ぎです。

上演時間は約110分を予定しております。
54年ぶりの雪で、朝からニュースも賑わっております。
夕方には止む予報ですが、積もっている可能性もありますので
足元には十分お気をつけてお越しくださいませ。
当日券もございますので、飛び込みも大歓迎です。
役者、スタッフ一同、ご来場をお待ちしております!

posted by ちゃぼ at 08:31| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

ひつじ座30分劇場決勝リーグ優勝ご褒美提携公演「慾張り羊のシャグラン」

おつかれさまです。
今日は顔合わせでした。
これから一月公演の情報を出していきます。
それぞれの作品でどの役者が出演するかも
近いうちに決定します。
なにとぞよろしくお願いいたします!

omote0102ss.jpg

辺境の地にひっそりと立つ小さな研究所。
そこにはおそるべき科学力を持つ異端の博士が住んでいた。
これは本来、決して世に出ることのないDr.氷浦鏡四郎の
記録を抜き出した秘密の物語である。
見よ、幸せになりたい人間たちが科学の魔法にすがりつく様を!
過去に戻りたがる者、痩身を望むもの、あるものは復讐を実現し、
又ある者は正義の味方となった。
欲望の果てに彷徨える子羊たちは何を見るのか…!
劇団Please Mr.Maverickが送る、優勝作品+未公開+新作短編集!

【チケット】
全席自由
前売り2,800円/当日3,300円
白黒セット割5,000円
チケット申し込み、お問い合わせは
hitsuji@maverick.main.jp

1月18日(水)白19:30〜
1月19日(木)黒19:30〜
1月20日(金)白14:00〜/黒19:30〜
1月21日(土)黒13:00〜/白18:00〜
1月22日(日)白13:00〜/黒16:30〜
※開場は開演の30分前です

【劇場】
ひつじ座(東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビルB1F)
東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩5分
JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩12分

--------【白ひつじチーム作品】---------

●「パニッシュメント!」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
全国大会常連高校の監督は実は体罰教師だった。
とうとう我慢の限界を迎えた生徒たちは、
氷浦博士に助けを求めるが…。
●「この、豚女」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
運動は嫌だが痩せたい女、美南子。
遺伝子の研究をしているという氷浦の噂を聞きつけ、
科学力で痩せさせろと迫る…!
●「これから正義の話をしようゼ!」
2011年ルナティック演劇祭優勝。
2013年ひつじ座30分劇場予選1位勝ち抜け。
化学戦隊ジャスティスファイブは正義の味方。
ついに悪の組織の大幹部「カスミのジョー」を追い詰めた!
だが、ジョーが命を狙う弁天堂の社長は、
裏取引で金儲けを企む悪人だと聞かされ…?
●「恩寵のエクスピアシオン」
2012年SS-1グランプリ優勝。
カシームは優秀な神学生。西側の横暴なやり方に反発する
学生の一団はモスクを占拠し、立てこもった。
そこで一人の少女、みこがトイレに行きたいとゴネはじめる…。

--------【黒ひつじチーム作品】---------

●「理系女プリンセス」
未公開作品。
小日向春美は女性研究者。ついに長年の研究が実を結び、
が発表され、あっという間にスーパースターに!
ところが一転、コピペ疑惑からどん底に突き落とされる…。
●「悪魔に願いを」
2013年ルナティック演劇祭優勝。
会社員の秀樹はある日突然リストラ宣告!
自殺を決意した秀樹は楽に死ねないものかと
研究所を訪ねるが、そこで悪魔と出会う事に。
●「戻る男」
2011年ルナティック演劇祭優勝。
2016年ひつじ座30分劇場決勝リーグ1位優勝。
虎太郎は売れない小劇場の役者。タイムマシンを作る
クラウドファンディングに申し込むと、
怪しい占い師が訪ねてきた!
●「覇者のエルプシャフト」
今回、初上演。
戦士ショウと白魔道士アスカはついに魔王が住む
最後の城にたどり着いた。果たして2人は、
世界の平和を取り戻すことはできるのか。
そこで見た、魔王の正体とは…!

【キャスト】
新原武(劇団扉座)
丹羽隆博
工藤沙緒梨(カプセル兵団)
中山泰香(カプセル兵団)
星澤美緒
長野耕士
小松金太郎
藤本貴行
小山内詩音
渡辺咲季(テアトルアカデミー)
小菅達也(劇団命)
照久
染川太一
草野智博
植松宗祐
野田あゆ美(劇団Please Mr.Maverick)
歳岡孝士(劇団Please Mr.Maverick)

【スタッフ】
舞台監督:早坂富雄
照明:阿久津未歩(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博

【協力】
劇団扉座 / カプセル兵団
テアトルアカデミー / 劇団命
阿部将之 / LICHT-ER
斉藤優紀 / みんぐるす

posted by ちゃぼ at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

ディファイルド!!!

alejandroescamilla-book.jpg

舞台やります。
客演です。
二人芝居です。
長いです。
二時間です。
しかも俺の方がよく喋る。
だから
かつてない膨大な台詞量・・・!
これはマジだぜ。
60ページあるんだぜ。
もはや挑戦です。

言いたいことはたくさんあるけど
まず声を大にして言いたいのは。
「小林尚臣さんとの共演」だという事です。

まあ、ほら、
演技が上手い下手とかって話を
よくするじゃない。
そういうのを完全に超越しておられます。
小林さんは。
俳優座出身の俳優さんで、
俺はもう13年くらい前に
「成り上がるアルトロウィのわが闘争」
というシアターXの舞台作品で
はじめて小林さんと共演させていただた時、
「超えられない壁ってあるんだな」と思った。
それは技術とかそういうことでなくて、
年齢の重ね方。人生から出てくるもの。
それが圧倒的に違う。
存在感が異次元だよ。
本当にそこらの俳優では太刀打ちできない。
すげえんだ。
手放しで。この人は凄い。
これがホンモノの俳優です。
もう、ただ、観てほしい。
こんな人がいるんだってことを!

そんな小林さんと演じるのは
なんと1回だけです。ピンポイント!!
木曜日の19時30分から!

実はワタクシの出番は2回ありまして、
日曜日の12時30分からの回は
山崎晋さんという方との共演になります。
山崎さんはテアトル・エコー出身の俳優さんで
この方も非常に味のある役者さんです。
ぜひぜひ!
見に来てやって下さい!
タイトルは

「ディファイルド―気の短い犬の便宜性―」

です。Defiledとは、
「神聖なものが汚された」という意味。
図書館を爆破しようとする男と、
それを止めるために送り込まれた交渉人のお話です。
小さな劇場なので、
最大で50人くらいしか劇場に入れません!
お早めにご予約いただけるとありがたいです!

作:リー・カルチェイム 
訳:小田島恒志
劇場:かもめ座
チケット:前売り2500円 当日3000円

歳岡の出番は2回です。
◎2016年11月24日(木)19:30
二人芝居のお相手は小林尚臣さん

◎2016年11月27日(日)12:30
お相手は山崎晋さん

【受付について】
お名前と、ご覧になる回の日付と時間、枚数を入力の上、
連絡先(メールアドレスか電話番号)を添えて
以下のアドレス宛にお送りください!

info-crackpot★gmail.com

※迷惑メール防止のため、アットマークを★に変えて表示しています。
 送信の際は、★を@に変えてお送りください。

よろしくお願いいたします!!
posted by ちゃぼ at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ただいま帰りました!

昨日からぜんぜん寝てないので寝ます!
やっと帰ってきた!

でもせっかくだから
ティオのシーンの中から俺が一番好きな
「復讐の場面」をお送りします。
少しずつ変わっていく表情にご注目!

P92cc20423.JPG

P922044ss7.JPG

P9220cc464.JPG

P92204ss72.JPG

P9220488ss.JPG

P9220503ss.JPG

おれはマジで、ついにこのシーンにいたる
ティオの部分だけでも、
チケット分の価値があると思っているのです。
いい芝居する!
ここだけはダメ出ししたことは一回もない。
ティオの渾身の葛藤のシーンなのです。

P9220791.JPG

「馬だから馬乗りするでしょ」というタカヒロのアイディアで
マウントポジションをとるティオ。
ここの殺陣は本当に良かったね!
だから、いろんなテイストが加わって
2,800円の舞台のクオリティを超えてるんだよこれは。

そして舞台「逆襲のFOOD CHAIN!」は、
たくさんのご意見をいただいております。
以下のリンクをクリック!

舞台「逆襲のFOOD CHAIN!」感想まとめ(リンク)

じゃあ寝ます!おやすみなさい!

posted by ちゃぼ at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

紆余曲折あって今日が三日目です!

公演がはじまり、
連日お客様に我々の舞台をご覧いただき、
誠に幸せな日々を過ごしております。
ご満足いただける舞台を、
最後まで誠心誠意お届けして参ります!

今回はにいやんこと扉座の新原武さんと
元劇団バッコスの祭の丹羽隆博が出演してくれて、
それぞれ陰と陽、といった感じで
逆襲のFOOD CHAIN!に華を添えてくれています。

P9187923.JPG

見た目も演技も華やかなダグラス。

殺陣師だから動きも派手だし、演技も派手だし、
とにかく舞台ではすごく目を引く。
今回の劇場、楽園は広くないけど、
もっと広い舞台でも堂々と主役をやってきた丹羽隆博。
逆襲のFOOD CHAIN!の上演は
まずダグラス役に合う役者を探すことが必須で、
こいつしかいないだろうと、
一番最初に声をかけた役者はたかひろだった。

たかひろはもちろん体もきくし、
殺陣師としての発想とセンスも良くて、
動物のシーンの殺陣も
長すぎず短すぎずという基本はもちろん
シーンによっては泥臭かったり、
他では見ない、新しい動きがあったり、
作品自体をとても華やかにしてくれた。
殺陣がきちんと作品の見どころになっている。
とてもいい。

俺も注文が多いしけっこう難しい事言うから
大変だったと思うけど、
役としてもすごくちゃんと悩んでくれて
当たり前のことではあるんだけど、
それでもやっぱりそういうのは嬉しいなと思う。
ちゃんと最後には丹羽隆博だけの答えを出してきた。
それが今回のお客様からの評価につながっていると思う。

P9187658.JPG

見た目も演技も堅実なティオ。

新原武という役者は本当に力のある人で、
その昔、ギャグやネタも多くて、それほど
シリアス色は強くない舞台を観に行った時。
主人公の親友役だったかなあ、にいやんが出てきて、
ひとつ叫んだ声を聞いただけでなぜか涙が出まして。
それから何度か舞台を観に行ったのだけど、
やっぱり他とは違う何かを持っていて、輝きがある。
ぜひにとお願いして、本当に良かった。
今回、物語の中に大きく葛藤するシーンがあって、
ちまたには「目が血走る」という言葉があるけど、
にいやんは、本当にそのシーンを演じると
目が充血していくの!すごいよ。
見ていただいた方にはおわかりになると思いますが、
あの場面は本当に痺れます。
あたくしゲネでは泣けました。

これからの方はぜひ、楽しみにしていてください。

そして、今日は満席の予定です!!
これはとても大事なことなんですが、
演出の関係上、入口の大扉を
演技で使う事がありまして、
遅れていらっしゃいますと、
ご入場いただくまでにお時間がかかってしまいますので
お早めにお越しください!
よろしくお願いいたします!

そして土曜日以降はまだお席がご用意できます!
ぜひぜひ、下北沢「楽園」へ遊びに来てください!

-------------------------------------



■第6回劇団本公演
「逆襲のFOOD CHAIN!」
 作・演出:歳岡孝士

■あらすじ
動物を愛する心優しい青年、タカシは、母の育てた馬のティオを助けるため、動物を喋らせる奇妙な研究をしているという氷浦博士のもとを訪れる。そこで「賢者の石」を借りたタカシは、ティオを喋らせることに成功するが、親友、ナオトのお願いを断りきれず、石を貸してしまう。かくして禁断の石は、優しい人間の手によって流出し、喋る動物は激増していくのであった。果たして、食物連鎖の頂点に立つ人間は一体どうなってしまうのか?劇団Please Mr.Maverickが送る、ぶっとびコミカルサイエンスフィクション!

■出演
新原武(扉座)
丹羽隆博
斉藤優紀
竹内もみ(劇団スクランブル)
草野智博
佐藤沙予
歳岡孝士
野田あゆ美
長野耕士
川島千加子(シノハラステージング)
星澤美緒
笹海舟
酒井絵理南
小鳥遊空

■劇場
下北沢「楽園」
東京都世田谷区北沢2-10-18 B1

■日程
9月21日(水)19:30
9月22日(木)13:00/16:30
9月23日(金)19:30
9月24日(土)14:00/18:00
9月25日(日)13:00/16:30
※開場は開演の30分前です

■スタッフ
舞台監督:西村耕之、橋本迅矢
照明:阿部将之(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博
制作:劇団Please Mr.Maverick

■協力
扉座
劇団スクランブル
シノハラステージング
(有)メディア・オブ・サーガ
小野寺誠
マリーシア兄弟

■チケット
料金 全席自由 2,800円(前売り)3,300円(当日)
チケット発売開始:8月1日昼12時より

携帯からの予約はこちらをクリック!



お待ちしております!

posted by ちゃぼ at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

とうとうこの日が!やってきたというわけか!

DSC_1621.JPG

逆襲のFOOD CHAIN!舞台初日!!
ついに熱い演劇の幕があくんだぜ!

朝から残りの場当たりとゲネやって本番です。
体力勝負だァーッ!!!
やってやるぜ!!


今日のチケットはウェブでの予約は終了していますが、
お名前と日時、枚数を記入いただき、メールで
foodchain@maverick.main.jp
まで送っていただければ、まだご予約可能です!
みなさまのご来場、心よりお待ちしております!!





■第6回劇団本公演
「逆襲のFOOD CHAIN!」
 作・演出:歳岡孝士

■あらすじ
動物を愛する心優しい青年、タカシは、母の育てた馬のティオを助けるため、動物を喋らせる奇妙な研究をしているという氷浦博士のもとを訪れる。そこで「賢者の石」を借りたタカシは、ティオを喋らせることに成功するが、親友、ナオトのお願いを断りきれず、石を貸してしまう。かくして禁断の石は、優しい人間の手によって流出し、喋る動物は激増していくのであった。果たして、食物連鎖の頂点に立つ人間は一体どうなってしまうのか?劇団Please Mr.Maverickが送る、ぶっとびコミカルサイエンスフィクション!

■出演
新原武(扉座)
丹羽隆博
斉藤優紀
竹内もみ(劇団スクランブル)
草野智博
佐藤沙予
歳岡孝士
野田あゆ美
長野耕士
川島千加子(シノハラステージング)
星澤美緒
笹海舟
酒井絵理南
小鳥遊空

■劇場
下北沢「楽園」
東京都世田谷区北沢2-10-18 B1

■日程
9月21日(水)19:30
9月22日(木)13:00/16:30
9月23日(金)19:30
9月24日(土)14:00/18:00
9月25日(日)13:00/16:30
※開場は開演の30分前です

■スタッフ
舞台監督:西村耕之、橋本迅矢
照明:阿部将之(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博
制作:劇団Please Mr.Maverick

■協力
扉座
劇団スクランブル
シノハラステージング
(有)メディア・オブ・サーガ
小野寺誠
マリーシア兄弟

■チケット
料金 全席自由 2,800円(前売り)3,300円(当日)
チケット発売開始:8月1日昼12時より

携帯からの予約はこちらをクリック!



お待ちしております!

posted by ちゃぼ at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

「面白い」を賭ける価値があるか!

P9186744.JPG

「ついに小屋入りだぜ!タカシッ!!」
「あ、ああ、ナオト」
ってな感じで、今日は小屋入りです。

7月から稽古はじめて、ここまで来ました。
劇団Please Mr.Maverick3年ぶりの本公演。

おれは欲張りだから、
なんでもかんでも「もっともっと!」ってなるけど、
そもそも役者が集まって
自分の書いたものを演じてくれるっていうことだけでも
感謝しなければならないことです。
なんだって「当たり前」なんてことはない。
いろんな人の力が集まって、公演が出来る。
お客様がひとり、来てくれることだって当たり前じゃない。

すべての、ひとつひとつに感謝しながら、
明日の本番に向けて、準備。

面白いよ。
自分で書いて自分で演出してるものって
主観で、ひいき目になる。
だから面白いよって言っても、
面白くないじゃんって言われる可能性がある。
面白い、って難しいんだよ。
モノ作ってると、作るものの責任がある。
簡単に面白いを連発できない。
でも出てくれた役者たちが、
「おもしろい」って言ってくれて
悩みながら、楽しみながら舞台を作ってくれると、
やっぱり面白い舞台になるって信じられるのです。

だから、面白いよ!
そう言える価値のある舞台。
そして、たくさんのお客様に見ていただきたい!
この役者で、いまこの時だけやれる舞台。
皆さま。ぜひ下北沢の楽園に遊びに来てください。
今回は演劇祭じゃないけど、いつだって勝負だよ、
ほかのところとどっちが面白いかは!
「逆襲のFOOD CHAIN!」明日、開幕です!





■第6回劇団本公演
「逆襲のFOOD CHAIN!」
 作・演出:歳岡孝士

■あらすじ
動物を愛する心優しい青年、タカシは、母の育てた馬のティオを助けるため、動物を喋らせる奇妙な研究をしているという氷浦博士のもとを訪れる。そこで「賢者の石」を借りたタカシは、ティオを喋らせることに成功するが、親友、ナオトのお願いを断りきれず、石を貸してしまう。かくして禁断の石は、優しい人間の手によって流出し、喋る動物は激増していくのであった。果たして、食物連鎖の頂点に立つ人間は一体どうなってしまうのか?劇団Please Mr.Maverickが送る、ぶっとびコミカルサイエンスフィクション!

■出演
新原武(扉座)
丹羽隆博
斉藤優紀
竹内もみ(劇団スクランブル)
草野智博
佐藤沙予
歳岡孝士
野田あゆ美
長野耕士
川島千加子(シノハラステージング)
星澤美緒
笹海舟
酒井絵理南
小鳥遊空

■劇場
下北沢「楽園」
東京都世田谷区北沢2-10-18 B1

■日程
9月21日(水)19:30
9月22日(木)13:00/16:30
9月23日(金)19:30
9月24日(土)14:00/18:00
9月25日(日)13:00/16:30
※開場は開演の30分前です

■スタッフ
舞台監督:西村耕之、橋本迅矢
照明:阿部将之(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博
制作:劇団Please Mr.Maverick

■協力
扉座
劇団スクランブル
シノハラステージング
(有)メディア・オブ・サーガ
小野寺誠
マリーシア兄弟

■チケット
料金 全席自由 2,800円(前売り)3,300円(当日)
チケット発売開始:8月1日昼12時より

携帯からの予約はこちらをクリック!




ぜひ見に来てやってください!!

posted by ちゃぼ at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

9月公演「逆襲のFOOD CHAIN!」

お待たせしております。
まだ一部決まってないキャストがおりますが、
とりあえず情報出しです!
よろしくお願いいたします。
チケット発売日は明日8月1日お昼の12時の予定。
現在、こりっちが開かないことがあります。


■第6回劇団本公演
「逆襲のFOOD CHAIN!」
 作・演出:歳岡孝士

■あらすじ
動物を愛する心優しい青年、タカシは、母の育てた馬のティオを助けるため、動物を喋らせる奇妙な研究をしているという氷浦博士のもとを訪れる。そこで「賢者の石」を借りたタカシは、ティオを喋らせることに成功するが、親友、ナオトのお願いを断りきれず、石を貸してしまう。かくして禁断の石は、優しい人間の手によって流出し、喋る動物は激増していくのであった。果たして、食物連鎖の頂点に立つ人間は一体どうなってしまうのか?劇団Please Mr.Maverickが送る、ぶっとびコミカルサイエンスフィクション!

■出演
新原武(扉座)
丹羽隆博
斉藤優紀
竹内もみ(劇団スクランブル)
草野智博
佐藤沙予
歳岡孝士
野田あゆ美
長野耕士
川島千加子(シノハラステージング)
星澤美緒
笹海舟
酒井絵理南
小鳥遊空
山河わたる


■劇場
下北沢「楽園」
東京都世田谷区北沢2-10-18 B1

■日程
9月21日(水)19:30
9月22日(木)13:00/16:30
9月23日(金)19:30
9月24日(土)14:00/18:00
9月25日(日)13:00/16:30
※開場は開演の30分前です

■スタッフ
舞台監督:西村耕之、橋本迅矢
照明:阿部将之(LICHT-ER)
音響:鷹取こうへい
殺陣:丹羽隆博
制作:劇団Please Mr.Maverick

■協力
扉座
劇団スクランブル
シノハラステージング
(有)メディア・オブ・サーガ
小野寺誠

■チケット
料金 全席自由 2,800円(前売り)3,300円(当日)
チケット発売開始:8月1日昼12時より

携帯からの予約はこちらをクリック!


posted by ちゃぼ at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

SF演劇祭2日目!

ご来場いただきました皆さま、
誠にありがとうございました!

2日目です!終わりました!
そして写真は今回出演の女子二人です。
まだこれからご覧になる方がいらっしゃるので、
全部は出せないけど、これくらいは!

1456491871963.jpg

楽しいぜ!演劇!
また明日は明日で新しい挑戦だぜ!
お客さんのためにね!エンターテイメント!

お昼14時の回はトップバッターだから、
せっかくだしなんかインパクトのあることしたいよね。

posted by ちゃぼ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SF演劇祭、始まってます

ご来場いただいた皆様、
本当にありがとうございました!



初日打ち上げで終電を逃して
朝まで飲んでしまった歳岡です。おバカ。
その節はお世話になりました。

昨日、Please Mr.マーベリックの幕が開きました。
台詞がごちゃっとなってしまったところもあるけど、
お客さんに助けられて、良い舞台になったと思います。
あと楽屋間違えてしまって虹の素さんには
ご迷惑をおかけしました。申し訳ないー!

そして俺自身も夜の回を見たんだけど、みんな面白い。
毎日チャレンジが必要だなー!
ということで今日も行ってきますよ。

今日は20時の回に出演です。
その前にご飯食べて、お風呂入ろう。
てか割と写真撮ってない事に気づいた。
今日は忘れないようにしよう!

あ、それから
土曜日は少しキャンセルが出て、
数席空いた
そうなので、
もし来られそうな方はぜひです!

posted by ちゃぼ at 13:10| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

今日は決勝戦!「戻る男2016」

a699942aa.jpg

ひつじ座30分劇場決勝戦です!
「戻る男2016」
たった一回限りの本番!ある意味プレミアム!
そりゃ役者もプレッシャーでしょうね!
特に斉藤女史が…やったことない役柄でw
いまごろ緊張に震えている頃でしょう。

イベントのために短編を初めて書いたのが「戻る男」。
作品自体は再演もあるだろうけど、
この組み合わせはたぶん今回だけ!プレミアム!
基本、俺が氷浦鏡四郎だし(笑)

それでは、戦いに行って参ります。
皆さま、応援のほど、よろしくお願いいたします!


posted by ちゃぼ at 10:31| 東京 ☀| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする