2017年07月26日

演技が上達しますように

photo-1468014187448-46f9ba8890a2.jpg

演技の上達について考える。
先週舞台が終わったんだけど、
稽古の最中、どうやったらいい演技が
出来るようになるか、ずっと考えていた。
でも、裏ワザはなくて、
結局いつも考えていることに落ち着く。

台本に書かれているシチュエーションを
どれくらい役として信じられるか。

これが第一。
それから、それを増幅しても
わざとらしくならない基礎能力。
発声と滑舌と、キレのある身体と。
あと客観性とか人生観とかいろんな要素が
あるけど、とりあえず置いといて。

台本に書かれているシチュエーションを
信じるっていうのは、簡単そうでできない。
無意識は意識の言う事を聞かない。
台本に書いてある感情になろうとして、
心に直接命令してもその気にはならない。

そこで多くの人は
疑似的な感情を持ち込む。
怒りに似た状態、
悲しみに似た状態を作る。
力を入れたり、息を吐いたりして
自分はその感情になっているのだと
思い込む。
それなら意識の命令で出来る。

でも感情とは由来が違うから
違和感のある演技になる。
役者がそうなりたいと思う時に
突然その状態になったりする。
力が入りすぎて
パワーが出なかったり
逆に不自然に強くなったりする。

本当に感情が動いている人と
そうでない人は明確に分かる。
日常でも観察力があれば分かる。

解消方法は
無意識に間接的に働きかけること。
「もし、本当にそうだったら。
 それが自分だったとしたら」
という想像力を働かせる。
無意識に直接アプローチすると、
誰かに見せようという意思が介入し
その瞬間に感情が動かなくなる。

posted by ちゃぼ at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | 演技論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]