2016年03月31日

面談行ってきました

今日はワークショップの面談の日。
つかれたー!
無事に終了しました!

せっかくだから、
いろんなセリフを読んでもらって、
課題はあるけどなかなか面白かった!
さあ、来週から始まるぜ。
ラジオドラマワークショップ!
どう変わっていくか、楽しみだ!

いろんなプランを考えよう。

posted by ちゃぼ at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

あしたの台詞をどうにかね

こないだの日曜日、
久しぶりに自分の顔を撮ったら
だいぶ疲れた顔をしていた。
あと痩せないとな。はい。
歳とると脂肪が落ちにくくなるんだからねっ!
すごく実感しております。

明日はワークショップの面談&テストなので、
テストに使う台詞をまとめ中。
台本も修正しつつ。
まうーん。
土曜、日曜の方がいいというお話を伺ったので、
5月の収録が終わったら土曜日、考えます。
ごめんよう
いまはちょっといろいろ立て込んでるので。
わたわたですね。わたわた。

posted by ちゃぼ at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

どうやってその舞台に立つか

なにかしたい、見てもらいたい、というのが、
表現者になろうと思うきっかけだと思う。
そして、まずその舞台に立つ、ということが第一歩。
評価してもらって、だんだん上がっていって…
って、そこは本来、修練が必要なわけだけど。

声の演技を作品としてみんなに聞いてもらう、
という機会を作りました。
なかなかなくてね、そういうの。
ていうか俺がその機会、ずっと欲しかった。
声優になりたくて演技始めたからね。
で、そういうことができるワークショップをやります。
最後はちゃんとFMラジオ局で
公開される作品に参加できる。
いい役をやるためにはやっぱり
ある程度の実力は必要だけど、
参加が決定した人はみんな出られます。

で、その参加を決める面談とテストが
3月31日の19時からあります。
講習は毎週木曜18時から21時30分で、
収録は5月下旬の予定。
まずは「国士無双」という約30分×全6話の物語です。

WS公式ウェブサイトはこちら

---------------------------------

ワークショップ詳細

【Aコース】 受講料月額22,000円×2ヵ月
 2016年5月下旬の収録に参加。受講は4月、5月のみ。

【Bコース】 受講料月額16,000円×5ヵ月
 2016年10月の収録まで参加。
 ※8月、9月は劇団公演のため休講

【Cコース】 受講料月額12,000円×9ヵ月
 2017年3月の収録まで参加。2016年5月下旬に収録予定。
 4月、5月のみワークショップに参加。

●場所:北区、荒川区。参加決定が決まった方にお知らせいたします。
●募集人数:10人程度。
●受講資格:年齢、性別、演技実績は問いません。 学生可。簡単な台詞テストと面談があります。
●受講日:ワークショップは週一回、木曜日18時〜21時30分に行います。
●収録日:収録日は一ヵ月前までにお知らせします。
 その日は一日空けられるようにしてください。
●お支払い方法:受講料はその月の最初の授業でお支払下さい。
●申し込み方法:メールに連絡先、名前、
 性別、年齢と経歴を記載し、3月26日か3月31日の面談に申し込んで下さい。
 面談を開催する場所など、ご案内をお送りいたします。そこで簡単な台詞テストと面談を行います。
 翌日以降、合否をお知らせしますので、
 参加が決まった方は、はじめの授業の日に初月の受講料をお支払下さい。
◆面談について
 3月26日(土曜13時〜)と3月31日(木曜19時〜)に行います。参加費はかかりません。
 こちらで用意した台詞を読むテストと面談を行います。
◆実際のワークショップの流れ
 @発声、滑舌の訓練
 A役作りの訓練
 B台詞の訓練
 C配役オーディション
 D与えられた台詞の稽古
 E実際の収録へ

◆連絡先:radio-ws@maverick.main.jp

ご応募、お待ちしております。
posted by ちゃぼ at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

嵐のような一日。実際嵐も来たらしいけど。

blurred_lines.jpeg

もうほんと一日があっという間にすぎていくね。
これ繰り返してたらいつか死ぬんだぜ。
びびるよな。
だからとりあえずやることをやる。
いまやっと帰ってきたけど、今日も一歩進んだ。
だから本日という日には満足。

でもウェブサイト修正してる時間がないな。
ラジオドラマWSの公式サイトだけど、
サイトの接続不良問題は障害だったから
すでに解決したんだけど、
なんかケータイサイトのレイアウトが
また崩れていてね。
こっちはソフトの問題で構築し直しが必要。
時間ねーから明日以降。
とりあえず劇団公式ページにリンクしとく。

あと、企画書書かないと。
あと、台本修正しないと。
あと、なんだっけ。

寝よう。
の前にお風呂。

posted by ちゃぼ at 23:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

ラジオドラマ出演ワークショップ!

P8203555.JPG

なんかね。
いっつも宣伝を忘れてしまうのです。

FM局のラジオドラマに出られるワークショップ、
というのをやることになりまして、
そんで、今週の木曜日(31日19時から)、
面談と簡単な台詞テストをやります。

もしかしたら放送できるFM局が増えるかも。
まだ結果はわからないけど。増えるといいなー。
そしたら録る量も増えるかも・・・って
編集量が増えすぎて自爆か。
そしたらなんか方法考えます。
まあこれはあくまで可能性の話で。

ラジオドラマワークショップ公式サイト

劇団Please Mr.マーベリック公式サイト
これまでのラジオドラマの履歴(過去)
これから正義の話をしようゼ(台本).pdf

posted by ちゃぼ at 21:29| 東京 ☁| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たに劇団員が加わりました!

P2284178.JPG

マーベリックに、あらたな劇団員が入りました。
ラジオドラマ作品では常連の、プロの声優であり、
2月にも舞台「悪魔に願いを」にて助手として出演した、
野田あゆ美です。

また、折を見て紹介していきたいと思いますので
Please Mr.マーベリックともども、よろしくお願いいたします!

P3264936.JPG

【Please Mr.Maverick公式サイト】での紹介はこちら。
野田あゆ美 (@nodami0129) | Twitter
あみものがたり - アメーバブログ


posted by ちゃぼ at 21:07| 東京 ☁| Comment(0) | 劇団のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

演技のアプローチ

photo-1427435150519-42d9bcd01aa81.jpg

ときどき論争になるけど、
演技のアプローチが異なることについて
どの方法論が有効かを見極めるのは困難。
メソッド演技がどうとか
なんとかテクニック、なんたらシステム、
ある人には合うし、ある人には合わない。
人間には特性があるもの。

俺は俺の演技論をぶつけど
とくに他人の演技論に反論しようという気はない。
おれが見えてる世界、法則と
ほかの人が見えてる世界は違うものだ。
自分に合った演技方法を見つけ出したければ、
第一に「運」、第二に「執念」しかないんじゃないかな。

演技的な悟りの境地は行き方は違っても、
だいたい同じところにたどり着くと思う。

確かに、明らかにダメなやり方ってのはあるだろうね。
その場合でもある程度の期間(半年〜数年)取り組んで、
自分を点検すれば分かる。勉強していれば。
今の自分と過去の自分、どれだけ成長できているか。
まあ、それにも「客観のセンス」が必要だけどね。

どんな方法論でもすべての人を導くことはできない。
どの分野でもそう。結局は執念のある人でないと。

たとえば山で、自分の力で上に登ろうとしない人を
引っ張り上げる作業ってのは相当しんどいのと同じ。
じゃあ山に登るなよって話になるでしょ。


posted by ちゃぼ at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | 演技論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとりで演じるラジオドラマについての

alejandroescamilla-book.jpg

昨日、「紺碧のルトロヴァイユ」という
ひとり語りのラジオドラマのダメ出しをしてたんだけど。
最初から最後まで一人でやるっていうのは本当に大変なことで、
なにせ一人で変化をつけなければならないし、
それで最後まで興味を持って聞いてもらえるように
作っていかなければならない。

一人で考えて、一人で演じると、
どうしてもトーンが一定になってしまったりする。
感情を入れると状況説明がふわっとしたり、
状況説明をきっちりやろうとして感情がふわっとしたりする。
ただの掛け合いとは違う難しさがある。
感情:状況説明の割合を台詞ごとに決着をつけてないと
とても聞きづらくなってしまうのだ。

俺もダメ出ししながら、
あ、この台本難しかったんだ。と思った。
思考を言語化すると、時々起こるんだけど
自分で説明しながら、自分で理解することがある。
それはちょっと不思議な感覚で、
自分が喋っているのにあー、そうなんだーって思う。
だから教えることが自分にとっての勉強になるって
そういうこともあるよね。

posted by ちゃぼ at 10:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

じゅんびじゅんび

picjumb12o.com_HNCK2131.jpg

今日は劇団員&WS面談の日です。
とりあえず、行く前に洗濯機2回まわしてカレー作って、
風呂入って整体行ってからいく。12時半までに。
…ってなんだこれすでに忙しいw
ぐあ、セリフの印刷もしなきゃー
てか冷蔵庫みたら野菜あるけど肉なかった。
昨日期限きついから焼いて食ったんだった。
買うか、買わないか!野菜だけカレーにするか!
もう帰ってからにするか!
とりあえず洗濯機2回目!
待って整体行こうと思ったら11時30分には出なきゃじゃん!

posted by ちゃぼ at 09:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

努力の法則

やる気のある時ばかりじゃないけど、
やる気のある時は逃しちゃいけないね。
やる気のない時も上手にやれるよう
持っていかなきゃいけない。

やらなかったら結局後悔するんだからね!
本当にやりたいことなら。

結局のところ、
「自分にはこれしかない」と思ってる人の強さは
やる気があろうとなかろうと、
とにかく打ち込むしかないと決めているところ。
マルコムグラッドウェルの10000時間の法則では
純粋に努力の量が10000時間を超えると
それまでと急激に変化する。
天才と呼ばれる人は必ず
10000時間を超えた努力をしている、という統計。

そこまでの努力を積み重ねるのに
どれくらいかかるか、というのは本当に大切だよね。
楽に上達しよう、という人は
結局うまくはならないということ。
これはものすごく肝心な話。
ちょっとやっただけで「これ苦手」とか
「うまくいかない」とかであきらめたり避けたりして
自分に才能がないとか言ってる場合じゃないんです。
才能じゃなくて努力が足りないんだよ。

すっげー好き、とか
とにかくそれをやることが必須、という状況じゃなきゃ
10000時間は簡単に達成できない。

だから、芝居は演じることがすげえ好きか、
芝居を職業にしていくって本気で決めた人が
どんどん階段を上に登っていく。
もちろんいい先輩や、いい芝居、
いいものに触れて行った方がさらに早いよね。

posted by ちゃぼ at 09:03| 東京 ☁| Comment(0) | 演技論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちと帰りが遅くなった

明日の用意をせねばー。

でもちょっと活動限界なので、
できることやったらこのまま寝ます。
とりあえず電車移動が一番きょうしんどかった。

それはそれとして、
ほんといろんなことがあった一日だった・・・!
明日もきっといろんなことのある一日になると思う。

あ、とか言ってたら日付またいだわw

posted by ちゃぼ at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ラジオドラマWSと、あと劇団員と

ラジオドラマのワークショップばっかり宣伝してたけど
明後日は劇団員の面談もやるのであった。
また時間に追われはじめているね。いかんね。

しかし動き始めるといろんな事が起こって、
やっぱ情熱がないと芝居はできないなと
改めて思ったりしています。
自分自身にも波があって、
すっげーヤル気に満ち溢れてるときと、
そうでもないときがある。
でも常に一定以上のパフォーマンスを
引き出せる状態はキープし続けなきゃいけない。
あと、さらに挑戦していかないといけないなと。
生き続けてるってことは
経験し続けてるってことだから成長してかないとね。

まあ、だから
一緒にやりたいと思える人って
成長し続けられる人かなーと思う。熱意。
役者なんて形のないモノでお金をもらおうなんて
大層な商売ですよ。
てゆーかほとんどの人は商売にならないんですよ。
それでもわんさか人がいて、
その中でもやろう、売れようってんだから
わけわかんねーよな。
わけわかんねー情熱がないとやれないんだよな。
他人になる、とかわけわからんぜ。役者。
面白いけど。
それが面白くてやってるんだけど。

あ、酔ってないです。

あ、でも酔ってる芝居のラジオドラマいま録ってます。
これは時間が短いからFMでは放送しないやつ。
「前半部分だけ」アップしたので、聞きたい方は。



録音環境がわるいのと、
舞台向きの芝居の仕方なので
少々聞き取りづらいかもしれません。
とりあえずラジオドラマって
音つけたらこんな感じになるんだよというサンプルみたいなもの。

posted by ちゃぼ at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足りないものを何で埋めるか

言葉とは本当に難しいものだ。
文字だけで伝わるものは少ない。
確定した情報が欲しい現代では、
文字だけで理解したことにし、判断を下しがちだ。
が、たとえ実際に合って会話してもすべては伝わらない。
いつだって情報というものは
100%の真実にはならないのである。

本当らしい可能性を持った情報の足りない部分を
思い込みや、他人の判断で埋めると
それが間違っていた時に後悔しやすい。

足りない部分は信用で埋める。
信じるのは自分だから。
きちんとこうしようと思って決める。

そうやって情報は峻別する。
情報が轟々と渦巻く時代でも流されない。

posted by ちゃぼ at 19:10| 東京 ☁| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

金額の訂正

すいません。
ワークショップの受講料なんですが、
前に検討していた方の、誤った金額を
掲示してしまっていたので、訂正いたしました。
ご指摘いただき、ありがとうございました。
以下が正しい表記です。

【Aコース】受講料月額22,000円×2ヵ月
 2016年5月下旬の収録に参加。受講は4月、5月のみ。
【Bコース】受講料月額16,000円×5ヵ月
 2016年10月の収録まで参加。
 ※8月、9月は劇団公演のため休講
【Cコース】受講料月額12,000円×9ヵ月
 2017年3月の収録まで参加。

よろしくお願いいたします!

posted by ちゃぼ at 23:09| 東京 ☀| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ラジオドラマワークショップ今週面談です。

4月7日開始のラジオドラマのワークショップ。
今週、面談&簡単な台詞テストです。

いまの時代、専門学校とか出ても免許皆伝、とはならないし、
だったら勉強ついでに出演してしまおうぜっていうWSです。

まあ、講師の歳岡は(俺だw)
経歴長いので基礎はわかってるし、
実際に収録に使う脚本は俺が書いてるから
当然、台本の構成もわかってるし
演出やってるからどう演じるべきかのベースは提示できるし、
編集もやってるから収録で、
台詞以外にを気をつける事もアドバイスできます。

あとは、実践経験は自分自身の価値になります。
声優になっても、ラジオドラマに出演する機会は
そんなにないのだから。

演劇祭優勝、最優秀脚本賞受賞経験があるので、
実際に収録する話の面白さも保障済み。
是非、参加してみてください。
お待ちしております!

-------------------------------------------
■ラジオドラマワークショップ詳細

★ワークショップ受講日は週一回、木曜18時〜21時30分。

【Aコース】受講料月額22,000円×2ヵ月
 2016年5月下旬の収録に参加。受講は4月、5月のみ。
【Bコース】受講料月額16,000円×5ヵ月
 2016年10月の収録まで参加。
 ※8月、9月は劇団公演のため休講
【Cコース】受講料月額12,000円×9ヵ月
 2017年3月の収録まで参加。

●場所:北区、荒川区。参加決定が決まった方にお知らせいたします。
●募集人数:10人程度。
●受講資格:年齢、性別、演技実績は問いません。
学生可。簡単な台詞テストと面談があります。
●受講日:ワークショップは週一回、木曜日18時〜21時30分に行います。
●収録日:収録日は一ヵ月前までにお知らせします。
 その日は一日空けられるようにしてください。
●お支払い方法:受講料はその月の最初の授業でお支払下さい。
●申し込み方法:メールに連絡先、名前、
 性別、年齢と経歴を記載し、3月26日か3月31日の面談に申し込んで下さい。
 面談を開催する場所など、ご案内をお送りいたします。
 そこで簡単な台詞テストと面談を行います。
 翌日以降、合否をお知らせしますので、
 参加が決まった方は、はじめの授業の日に初月の受講料をお支払下さい。
◆面談について
 3月26日(土曜13時〜)と3月31日(木曜19時〜)に行います。
 参加費はかかりません。
 こちらで用意した台詞を読むテストと面談を行います。
◆実際のワークショップの流れ
 @発声、滑舌の訓練
 A役作りの訓練
 B台詞の訓練
 C配役オーディション
 D与えられた台詞の稽古
 E実際の収録へ

◆連絡先:radio-ws@maverick.main.jp

ご応募、お待ちしております。

ラジオドラマワークショップ公式

-------------------------------------------



受講料の記述にまちがいがあり、金額を訂正いたしました。
(Aコース25,000円等)

大変失礼いたしました。



posted by ちゃぼ at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする