2015年12月31日

ありがとう2015年

たぶん燃え尽き症候群ぽいのは
ラジオドラマの編集があったからだと思う(笑)

今年は1月に劇王に出て、
4月に「遺産遊戯!」の作・演出やって
8月にスタジオ収録、編集
9月、10月、11月、FMでラジオドラマ放送、
となかなかハードな一年だった。
でもその分、仕事の幅は広がったので良かった。

来年も一月、二月で舞台があるし、
いまのところ七月あたりにも舞台をやる予定。
さらにギアを上げて気合い入れていこう。
そろそろ劇団を大きくすることも視野に入れて動きます。

応援していただいた皆様、ご協力いただいた皆様、
本当にありがとうございました。感謝にたえません。
来年も、何卒よろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください!

posted by ちゃぼ at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

2016年一発目の舞台

2015年も明日で終わり。
年末はいろいろあったね。
忙しい日々を過ごしております。
寝不足だー。

あ、1月17日(日)の
ひつじ座30分劇場の決勝の舞台は、
正式に18時開演が決定しました。
たぶん開場は17時30分です。
よろしくおねがいいたします。

久しぶりに舞台立つし
氷浦博士が俺じゃなくて他にいるし、
初めてコバが俺の書いた作品で舞台に立つし
(ラジオドラマはやったけど)
めずらしい形の作品になると思います。
面白いよ!みんなが応援してくれたら絶対勝つよ!
つまり、チケットがまだもうちょっとあります。

年始ではありますが、
なにとぞ、よろしくお願いいたします!


a699942aa.jpg

ひつじ座30分劇場決勝戦
■「戻る男2016」

【日時】
2016年1月17日(日)
18時スタート!

【劇場】
ひつじ座 http://vector7.info/
(東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビル B1F
 東京メトロ「南阿佐ヶ谷」駅から徒歩約5分)

【チケット】
全席自由2000円

【作・演出】
歳岡孝士

【出演】
氷浦博士 斉藤優紀
布吹虎太郎 小林直人
西園寺翔 歳岡孝士

【あらすじ】
虎太郎は小劇場のしがない役者。
氷浦博士にタイムマシンをつくってくれと頼んだ帰り道、
占い師を名乗る怪しい男が声をかけてきた。
男は演劇祭には出るなと言う。その理由とは…?


posted by ちゃぼ at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

劇王Eブロック

DSC_0642.JPG

昨日はブログ書けなかったけど、
劇王のEブロック、観に行ってきた。
順位はほぼ予想通りの展開でした。
天然ポリエステルは何回か見てるけど、
やんえみさんは良い役者だと思う。
おっぱい大きいだけじゃなく。

いいよなーああいう劇団員ほしいよなー。

これからちょっといろいろバタバタするので
一段落ついたら劇団員も考えましょう。
って何年それ言い続けてるんだよw
まあ、一段落とかしないんだよな結局。
やるって決めた時にやらないと。

劇王Eブロックは5団体あって、めっちゃ長くて、
講評が終わったらもう22時近く。
終演後の飲み会に誘われたけど、その時点で
まだ決勝の順番を決めてる最中だったので、
先約のながたくさんを囲む会にお邪魔するために
お断りして、飲み会へ。
昨日はどうにか無事に終電で帰りました。

で、今日からコミケでもう人が多くて死にそうです。
あと2日もあるのか…。

posted by ちゃぼ at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

おつかれさまでした。

きょうは衣装探しの後、
下高井戸にて飲み会。
時間が読めなくてだいぶ押したけど、
何とか参加できて良かった。
いま帰ってきました。楽しかった。

とりあえず、台本読んで今日は寝よう。
posted by ちゃぼ at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

台詞を憶えなければ

DSC_0643.JPG

まだ完全にはできてないけど。
とりあえず台本は一段落。
出演者二人には送ろう。修正台本。

あ、一段落は「いちだんらく」って読むのが正しくて
「ひとだんらく」は誤読なんだってよ。
知ってる人は知ってると思うけど。

おれも台詞おぼえないとなあ。
長台詞で早口のところとか、けっこう大変そうだ。
頭の回転をあげないとな。
posted by ちゃぼ at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

三人芝居

ひつじ座30分劇場決勝戦の台本修正中です。
クリスマスだろうと!カリカリ書くよ。
だいぶ出来て来たけど、もっと面白くなるはず。
ぜひ、見に来てやってください!


a699942aa.jpg

ひつじ座30分劇場決勝戦
■「戻る男2016」

【日時】
2016年1月17日(日)
18時開演(予定)

【場所】
ひつじ座 http://vector7.info/
(東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビル B1F
 東京メトロ「南阿佐ヶ谷」駅から徒歩約5分)


【チケット】
全席自由2000円

【作・演出】
歳岡孝士

【出演】
氷浦博士 斉藤優紀
布吹虎太郎 小林直人
西園寺翔 歳岡孝士

【あらすじ】
虎太郎は小劇場のしがない役者。
氷浦博士にタイムマシンをつくってくれと頼んだ帰り道、
占い師を名乗る怪しい男が声をかけてきた。
男は演劇祭には出るなと言う。その理由とは…?



posted by ちゃぼ at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

日本人は蕎麦!うまし

DSC_0689.JPG

クリスマスといえば、蕎麦!(?)
デックスの高田屋限定で
4段までお値段据え置き600円。安っ!

クリスマスイブ(24日)は
なんでクリスマス(25日)より
盛り上がるんだろうと思って調べてみたら、
ユダヤ暦が関係してるのね。
日没したら1日が終わって次の一日が始まるから、
24日の日没〜25日の日没までが
クリスマスという事らしい。ほえー。

台本は修正が進んだけど、
無茶振りなところも少々ある。でも頑張ってくれるよね!
まだまだ関係各所に連絡取らなきゃあ!

posted by ちゃぼ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

来週で一年が終わります

冬らしく、寒くなってきた。
まあ明日はもうクリスマスイブだもんな。
サンタさん!欲しいもの沢山あるよ!

暖冬、過ごしやすかったなあ。
はやいもんで、来週で一年が終わるよ。とはいえ
まだまだ今年中にやらなきゃいけないことがたくさんあるぜ。
今年中っていうか、
もうずっとあるんだけどね。
それが楽しくて人生やってんだからな!
しかたねーよな。

前に進む!

posted by ちゃぼ at 20:52| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

ジム!

オレンジジュースを飲むなら
紙パックのトロピカーナ。
振って飲むけど、やっぱり最後の方は濃くて
それがまたおいしい。

勘のいい方はお気づきでしょうが、
いまはひたすら劇団の事務作業に追われております。
さて、がんばるか。

posted by ちゃぼ at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

特技を作らなければと。

やっぱり能ある鷹、というか
本当に切り札というのは
ここぞというときに出すものだということを
今日、思い知った。

破壊力を持った特技は本当に重要だね。
いやー勉強になった。良かった。
posted by ちゃぼ at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

きらわれるということ

好き嫌いは感覚的なものである。
基本的に人は、自分の好き、嫌いに主観で理由をつける。
だからその人の理由が客観的に正しいとは限らない。

あの人には能力がない、と言う裏には
あの人は自分を軽く見ている、
という認識が隠されていることがある。
または、逆にあの人は自分を嫌っている、
という認識だったりすることもある。
(当人がどう思っているかとは別に)
なのに違う理由をつけてなじったりする。

そういう場合、どんなに相手が自分をきらいでも
「自分がわるくない」ということがある。
そしたらそれはそういうものだと思うしかない。
きらわれること=自分が悪では必ずしもない。

きらわれないことに固執すると自分を見失い、
余計に良い状態から遠ざってしまう。
もちろん悪いところがある時は
ちゃんと直さなければならないけれど。

一人前の役者は、役を演じた時に「この人、こんな人なんだ」と
まわりから思い込まれることも仕事に入っている。
自分のイメージを気にせず生きる人種というのは
どこか変わったところがある。それで役者は一癖ある人が多い。

posted by ちゃぼ at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

目を合わせる

SplitShire-7795.jpg

目からどんな情報が分かるか?
目の動きで感情がわかる。
目の動きで思考がわかる。
瞳孔で興味のあるなしがわかる。

目を合わせると、
合わせたことによる相手の反応で
または自分がついとってしまう反応で
様々な意志交換をすることになる。
だから目を合わせるという事は怖い。

目は心の入り口にも出口にもなる。

自分が相手に対してどう思っているか、出る。
相手の目で、相手が自分をどう思っているかも感じる。
その情報を発信・受信したくない人は基本的に目を合わせない。
だから自分に自信がない人は目を合わせたがらない。

演技においても「目」はとても難しい。
たとえば目を合わせることのデメリットとして、
ウソの演技者と目を合わせると、ウソが感染する。
なにか人(役)ではないものと喋っている気分になる。
そうすると「これは本物の人間なんだ」と
思い込むプロセスがひとつ増えるため、
純粋に役に入り込む作業が煩雑になる。
そういう役者と舞台で目を合わせたくはない。

それでもやっぱり、
いい演技をするためには
目を見ることが必要になってくる。
双方の努力と、役者自身の強さ、
それから役作りから生まれる本物の感情が必要なのだ。

posted by ちゃぼ at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | 演技論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

修正

なんかタグがまちがっていたせいか
TOPページ表示できなくなってたみたい。
直しました。

昨日、稽古やって、
いちおうタイムも計ってみたけど、
まだ短いので5分くらい足す必要がありそうだ。
思案、思案。

posted by ちゃぼ at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

久しぶりの自分の劇団の稽古

ひさしぶりの
Please Mr.マーベリックの舞台稽古。
三人芝居で、最初は自己紹介もかねて雑談から。
短編だけど、とにかく役が定まるまでが勝負。
俺以外の2人は初めての共演だけど、うまく行きそうな気配。

2017年最初の舞台です。
ひつじ座30分劇場の決勝戦。
もちろん勝ちにいくよ!優勝するのだ!
応援、よろしくお願いします!

a699942aa.jpg

ひつじ座30分劇場決勝
■「戻る男2016」

【日時】
2016年1月17日(日)
18時開演(予定)

【場所】
ひつじ座
(東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビル B1F
東京メトロ南阿佐ヶ谷駅から徒歩約5分)

【チケット】
全席自由2000円

【作・演出】
歳岡孝士

【出演】
氷浦博士(女) 斉藤優紀
布吹虎太郎(男) 小林直人
西園寺翔(男) 歳岡孝士

【あらすじ】
虎太郎は小劇場のしがない役者。
氷浦博士にタイムマシンをつくってくれと頼んだ帰り道、
占い師を名乗る怪しい男が声をかけてきた。
男は演劇祭には出るなと言う。その理由とは…?


posted by ちゃぼ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

2月にも演劇祭に出ます

第二回 阿佐ヶ谷アルシェ小さいSF演劇祭、
というものがありまして。
劇団Please Mr.マーベリックも出場します。
これから出演者を考えなければならないのだけどねw
こういう時、劇団員がいるといいなと思う。
決めて、すぐやろう、となれる。
まあなんにせよ決まったのでしっかりやります。

日程は2月24〜28日ですが、
まだ公演の順番が決まってないので、
細かいことが分かり次第、詳細を出していきたいと思います。
以下、HPからの抜粋です。

【主旨】
来る2016年2月、小さなSF演劇祭を阿佐ヶ谷の商店街の途中にある小劇場
阿佐ヶ谷アルシェにて開催いたします。参加団体には、
「SF要素の入った、公演時間が15分以上20分以内の演劇作品」を
上演していただきます。未発表、再演問いません。

<本演劇祭におけるSFの定義は次の3つです>
1、サイエンス・フィクション-=空想科学小説、もしくはその近傍のジャンル。
2、スペキュレイティブ・フィクション=「科学」に限定されないSFの再定義。
3、「すこし・ふしぎ=Sukoshi-Fushigi」= 藤子・F・不二雄の造語。

小劇場の舞台は真っ黒、照明が消えると闇、そこから非日常が現出します。
『何も無い所に何かが現出する』
観客は想像力を、演者は創造力を持ってこの劇空間に集結していただきたいのです。

阿佐ヶ谷アルシェ小さいSF演劇祭・実行委員長 すがの公(札幌ハムプロジェクト)
◯企画運営 演劇企画運営団体 札幌ハムプロジェクト★東京支部
◯主催 演劇企画運営団体 札幌ハムプロジェクト


「第二回 阿佐ヶ谷アルシェ小さいSF演劇祭」ウェブサイト(リンク)
posted by ちゃぼ at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする